若返りたい、そんな願いを叶えてくれる、アンチエイジングとは

ダウンタイムについて

すぐに日常生活へ

プチ整形と言えども手術は手術だからこそ、術後はお風呂に入れなかったり、運動が制限されたり、何かしら日常生活に制限があるのではないか?
そう思うと仕事や休みを調整しないと中々アンチエイジング治療を受けるのは難しそうと感じる人は多いです。
ですがプチ整形は別のページでもお話ししたように、基本的にあまり体に負担がかからないものばかりです。
治療にかかる時間も短く、その日からシャワーを浴びることができ、すっと日常生活に戻ることができる上に、治療を受けてきたばかりです、とわかるようなダウンタイムが起こることもあまりないので、心配する必要はありません。

治療方法によっては

ですが痛みを伴うアンチエイジング治療もないわけではない様に、中には体に負担を多少なりともかける治療も存在します。
そういったアンチエイジング治療は、体質やその日の体調、慣れなどによりますが、ダウンタイムが起こる場合があります。
具体的に言うと腫れたり赤味が出たりします。
すぐに落ち着く人もいれば2、3日続く人もいますが、ダウンタイムが起こりやすい治療かどうかはきちんと教えてくれるので、自分が受けたいアンチエイジング治療がどういったものなのか確認した上で、上手にスケジュールを組んで行くと良いでしょう。
ダウンタイムが起こるとなるとタイミングを掴むのが難しい、と言う人もいるかもしれませんが、場所や季節によってはマスクで隠すなどしてやり過ごすこともできるので、気軽に医師と相談してみましょう。