若返りたい、そんな願いを叶えてくれる、アンチエイジングとは

痛みの有無

プチ整形は

アンチエイジング治療を受けたい気持ちはあるけれど、痛いのが苦手、痛いのが怖い、と、痛みがネックで挑戦したくても出来ないでいると言う人は多いです。
確かに美容整形というと手術を行う=手術は痛いもの、といったイメージがどうしても連想されてしまうのでついつい不安に感じてしまいますが、プチ整形であればそう痛みを感じることはありません。
全くない、と言うわけではありませんが、注射を使ったアンチエイジングであれば採決や予防注射などとさほど痛みは変わりませんし、レーザーを使ったアンチエイジングなどは脱毛を受けたことがある人ならわかるように、少しゴムではじいたような感覚がするだけです。
もちろん痛みの感じ方には個人差があるので絶対とは言い切れませんが、耐えきれないような痛みはまずありませんし、体への負担は基本的にあまりないので心配しなくても大丈夫です。

どうしても怖い場合は

アンチエイジング治療の多くはプチ整形となるので負担も痛みもあまりありませんが、ものによっては肌にメスを入れる手術などもあり、そういったものはやはり痛みがあります。
ですが確実に痛みが出るとわかっている治療であればきちんと麻酔をかけてもらえますし、本来であれば麻酔は必要ない治療であっても、どうしても痛みが怖い、不安だと言う旨を伝えれば麻酔をかけてくれるクリニックもあります。
ですから痛みでアンチエイジング治療を躊躇していると言うのであれば、気軽に医師に相談してみましょう。